自分の才能と、真の社会ニーズを一致する

デザインの本質ワークショップ

自分の 個性 を活かし、
魂 を込めた仕事をするために。

「自分の才能と、社会ニーズを一致させる」には どうしたらいいか?を直感的に体験!

桑沢デザイン研究所同窓会 主催 夏期特別講座2018
「デザインの本質ワークショップ」

普段何気なくつかう、手と、ボイスから
体感を土台にして、
なぜそうなるのか?感性の部分を、
しっかり論理的にもレクチャーいたします。

自分の 仕事の専門分野をさらに深めたいオトナの方に。

本当の天職、向いている仕事を見出したい方。

これから 進路 を決める 学生さんへ。

お子様の進路を一緒に考える、お父様・お母様にも。

きっとお力になれる講座です。

 

デザインの本質的な考え方 とは?

デザインの考え方
(いわゆるフレームワークにはめるのでない、本当のデザイン思考)は、
国語、算数、体育…などの
今まで私たちが学んできた
知識と体の動かし方(ノウハウや体感)を、
自由に、目的へ向かって使いこなすための
基礎となります。

いわば、
自分と世の中をしっかり見渡して
真に必要なことが判断できる司令塔

このワークショップの4日間の体験は、
こうした自分で自分を育てるための
とても本能的な力になります。

プログラム

Ⓐ 前半 ねんどワーク

8/7(火)-8/8(水) 13:30-15:45

忘れてしまいがちな体感、肌から受ける感覚は、自分を自分たらしめる触れ方で心につながる。

私は何が心地よい?…柔らかいねんどで好奇心とデザインの源へ触れる、座禅のような体験&内観。

前半 2日間の体験内容

 レクチャー

1:ワーク&セオリーが感性を高め、オリジナリティーとデザインの土台になる理由

2:心とは何か。心の機能と、五感・知性、デザインとの関係

ワーク

目標:自分らしい触れ方、感覚を識り極める

心、感覚を緩める→自分の触れ方、感じ方を探る→触覚と感性を繋ぐ→感覚を形にする

Ⓑ 後半 ボイスワーク

8/10(金)-8/11(土) 13:30-15:45

溢れる情報の波が掻き消してしまう自分独自の感覚…その感性をいかにキャッチして形にして行けばよいか?

そのタイミングを捉える、デザインに特化した心の声を丁寧に聴きとる、ワーク&セオリー。

後半 2日間の体験内容

 レクチャー

3:今回のワークショップで触覚と聴覚を選んだ理由

4:デザインにとって触覚とは、聴覚とは

5:心の持つ創造力を高める

ワーク

目標:心の声を聴き、自分の感覚に目覚める

感覚を研ぎ澄ます →心の状態に気付く→意識の違いを感じる→ 表現が変わる体験→ •••

受講者の声

本ワークショップのベースプログラム「Self Design Elevation」 体験者のご感想です。

こちらのページをご覧ください 

開催概要

日時

Ⓐ 前半 8/7(火) – 8/8(水)

Ⓑ 後半 8/10(金) – 8/11(土)

4日間すべて 13:30-15:45

※手ぶらで参加できます
※Ⓐ前半、Ⓑ後半それぞれ2日間通しとなります

会場

専門学校 桑沢デザイン研究所

東京都渋谷区神南1-4-17
(渋谷・原宿駅から徒歩9分)

受講費

4日間

(Ⓐ前半+Ⓑ後半 通し)
一般 ¥18,000 学生 ¥14,000

2日間

(Ⓐ前半 / Ⓑ後半 いずれか片方)
一般 ¥10,000 学生 ¥ 8,000

※前後半は地続きの内容のため。両方合わせた受講がおすすめです。
※4日間通しで、単一より2000円お得に受講できます

定員

Ⓐ前半 / Ⓑ後半 各10名

※最少開講人数 各5名

参加受付締切  7/31 24:00 まで


※締め切り後でも空きのある場合は、受講が可能なこともあります。お問い合わせください

お申し込み / お問い合せ

下のボタンからフォームへお進みください

参加受付締切  7/31 24:00 まで


※締め切り後でも空きのある場合は、受講が可能なこともあります。お問い合わせください。

デザインの本質ワークショップ ベースプログラム ”Self Design Elevation” のご紹介

Self Design Elevation
なぜ・なにを・いかに…

今 この時代を観ていて、何処かアンバランスな社会だと感じる人は少なくないのではないだろうか。現在のような社会と、それを作った背後にある価値観が生まれた背景を考えると、その発端は教育にあるのではないか?と想像されます。

教育こそが人間の考え方、価値観、感情、暮らし方、夢の形成、自己実現、人生計画にまで大変大きな影響を与えているのではないでしょうか。__________

一体、どんな教育の積み重ねがこういう社会を作り出したのか、調べてみた事はありますか?

ここ数十年、日本では、学校や職場における教育現場では、資質をいかに伸ばすかというより、すぐに仕事や経済に結びつけた記憶や計算などを重視した画一化したプログラムが多い傾向にあります。

一部の美術教育界では知られた事ですが、感性、創造性へ繋げるプログラムが足りないと様々な社会問題に繋がると、彫刻家 佐藤忠良が数十年前から警鐘を鳴らしていました。

SDE はその問題に風穴を開け、根本からやり直せるように、想像力と未来を創り上げる創造性を引き出したいと考えました。

人間が本来持つ自然な豊かさを引き出す為には今こそ感性を育み、日々丁寧に研究を重ねながら地道に根付かせて行くタイミングなのではないかと。

続きは Self Design Elevation Official Website   より御覧ください。